レトロゲームは改造してなんぼ

レトロゲーム機をちょっと違った形で遊び倒す

Linux Mint17.2でonedrive-d使用によるOneDriveとの同期

クラウドストレージとしてMicrosoftのOneDriveを利用しているので、Linux環境でも利用できる方法はないかと検索していたら、onedrive-dという素敵プログラムがあることを知った。

で、インストールしようとしてかなり戸惑ったのでメモを残しておきます。

最初に、参考にさせていただいたサイトからご紹介。

基本的にはこちらのサイトに書かれてる内容で問題ないのですが、Githubリポジトリが罠だった。
2015/8/14現在の
https://github.com/xybu/onedrive-d
リポジトリにあるonedrive-dは、先の紹介記事に書かれていたバージョンと異なっており、結論を言うと「まともに使えない」代物だった。

そのため、oldのリポジトリからファイル一式を取得しなくてはいけない。
https://github.com/xybu/onedrive-d-old

あと、セットアップについてはonedrive-d-old/install.shを実行した。
setup.pyではなんかまともに動いてくれなかったため。原因不明。

インストールが終わってonedrive-prefで初期設定を完了したら、
MintのメニューにあるStartup Applicationsに

/usr/local/bin/onedrive-d start

というコマンドを追加してやれば、OS起動時に自動でサービスも起動してくれるようになる。